よくある質問

きび酢に含まれているミネラルって、何にいいのですか?

2012-01-28

きび酢は、市販されている他のお酢の数倍から数十倍ものミネラル(無機栄養素)を含んでいます。とりわけ多く含まれているのが、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄の4種類のミネラルです。

カルシウム
骨や歯を形成する主要な成分としてよく知られていますが、実は、不足すると血圧の上昇や動脈硬化の進行を強く促すこともわかっています。現在、日本人のカルシウム不足が問題視されていますが、きび酢を習慣的にとっていれば、カルシウムを効率よく捕え、骨や歯を強くするだけでなく、高血圧や動脈硬化の予防と改善にもつながるでしょう。

マグネシウム
脂肪の燃焼に欠かせないミネラルで、動脈硬化を予防する役目も果たします。また、血糖を調整するインスリンというホルモンの働きを高めて、血糖値の上昇も抑えてくれます。そのためマグネシウムは、脂質異常症(高脂血症)や高血糖の解消に欠かせないミネラルといえるでしょう。

カリウム
高血圧の原因となるナトリウムを体外に排出させる働きがあります。日本人は欧米人に比べて塩分摂取量が過剰になりがちで、意識的にカリウムをとる必要があります。きび酢は効率的にカリウムを補って高血圧を退治する心強い味方となってくれるはずです。


赤血球を作る材料となるミネラルで、不足すると貧血を起こします。特に女性は貧血に陥りやすいため、意識して取っておきたいミネラルといえます。

こうした一方で、きび酢は他のお酢と比べると、血圧上昇の原因となるナトリウム(塩分)の含有量が極端に少ないことも特徴といえます。そのため。塩分が気になる人でも、きび酢なら安心してとることができるでしょう。

さとうきび酢って、甘くて糖分が多いんじゃないですか?

2012-01-28

いいえ。

きび酢は、加計呂麻島の空気中に浮遊している酵母菌や酢酸菌の働きにより、自然に醗酵の過程で糖質は分解されるので、もちろん酸っぱいです。

でも他のお酢と比べると、酸味の中にフルーティーな味わいがあり、黒酢は飲みにくいけど、きび酢は飲みやすいという方も多いです。

きび酢ってどんなお酢なんですか?

2012-01-28

きび酢は、奄美大島の隣にある加計呂麻島(かけろまじま)という人口約1700人の小さな島でしか作ることのできない400年以上の歴史を持つ、自然発酵で造る「唯一の天然醸造酢」です。

きび酢の原料は奄美地方特産のサトウキビと天然水のみ。

サトウキビの絞り汁を煮つめたものを、大気中に浮遊する酵母菌や酢酸菌によって2年から3年ほど熟成させることできび酢が出来上がります。きび酢が出来上がるまでには4年の歳月が必要であり、年間約100トンしか造ることのできない、大変貴重なお酢です。

Copyright(c) 2012 きび酢屋ドットコム All Rights Reserved.
本サイトの画像、文章の無断転用、転載等を禁じます。